うつ病になりやすい人|具体的な接し方や症状

女性はうつ病になりやすい

男性

一般的に女性は男性と比べてうつ病になりやすいといわれています。それはなぜか知るとともに、男性は女性にたいして接し方が充分であるかも考えていきましょう。
最初になぜ女性はうつ病になりやすいのでしょうか。要因の一つとして女性の脳は男性と比較し割り込み型や同時進行型とよばれ、いろいろなことを一緒にすることができるということが挙げられます。掃除機をかけながら洗濯機を回し、同時に買い物のリストや食事のメニューなど、女性の脳は様々なことを同時に考える傾向があるので、調子がいい時は幸せなことをたくさん思い浮かべることができるのですが、調子がよくないと職場のストレスや家事のストレスなどさまざまストレスを思い出して頭がいっぱいになってしまい、ストレスで頭とからだが占領されてしまうのです。それと比べると男性は一度に一つのことがらを集中してやることに長けており、そのぶん気分の上がり下がりも女性と比べると少ないと言えます。男性側はそういった点もしっかり理解し、接し方を考えましょう。
また女性はホルモンの影響を受けやすいということもうつ病につながるといわれています。
女性は月経や出産、更年期などからだの状態が変化するので、その変化に伴ってホルモンの分泌も変動します。ホルモンの変動が気分の浮き沈みなどにつながり、ストレスに対する抵抗力が下がってしまうので、それがうつ病発症につながってしまうことがあります。女性はホルモンによる影響を受けやすく、気分が変化しやすいということをしることで自分だけで悩むのではなく周囲とより協調できるようにしましょう。女性にホルモンバランスの変動による気分の変化が起こっている時にそれに対して反発した接し方を控えるようにこころがけましょう。
また、実際に女性は社会的に一人でいくつもの役をこなさないといけないため、その分心理的な負担が多いといえます。職場での自分、旦那と接するときの自分、育児のときの自分、それぞれを適切に使い分けることができるため周囲は円滑にすごすことができますが、本人にとっては少なからずストレスになる場合があります。どの役割も完璧にこなそうとするのではなく、まわりにも理解をもとめ、親に育児を代わってもらったり、旦那に家事を任せたりすることでストレスが溜まりにくくなり、さらにはうつ病を発症しにくいということにも繋がります。女性の役割を周りも理解し、積極的に役割を代わってあげるといった接し方をこころがけましょう。